導入する際の注意点

ミーティング

セキュリティが重要になる

インターネットの普及によって気軽にネット回線が利用できるようになったことから、Web会議の導入を検討する企業が増えてきています。Web会議はネット回線を利用して遠隔地を結ぶことができるため、どれだけ離れていてもリアルタイムで進行することができるのが特徴です。スムーズに対話ができるのがWeb会議のメリットですが、通常の会議と同様に機密情報や顧客情報の取り扱いには十分に注意しなくてはいけません。インターネットを利用することから不正アクセスの可能性もあるので、通常の会議のように周囲に人が近寄らなければ良いというわけではないのです。情報漏洩を防ぐためにも、Web会議システムを導入する際にはコストパフォーマンスを考えることも大切ですが、同時にセキュリティに関しても慎重に選ぶ必要があります。Web会議で音声や動画、文書などをやり取りする際には、そのデータが暗号化されているかどうかを確認しておくべきです。暗号化されたデータは秘密鍵によって双方向でしかデータを見ることができず、横から盗聴したものが居ても内容が確認できない安全性の高い通信となっています。主にSSLやAESといった暗号化通信が有名で、アクセスを制御することで会議の機密性が向上します。その他にもパスワードを入力しなければ会議に参加できなかったり、特定のIPアドレスのみを指定したり端末認証によるアクセス制限をかけることができるセキュリティオプションがあれば、より安全性が増します。こうしたセキュリティ対策がしっかりしたシステムなら、安心してビジネスでWeb会議を利用できることでしょう。